おすすめサービス一覧

商品を探す

その他

インスタで新着情報をお届け

フォントのアウトライン化について

イラストレーターデータのデザインでフォントデータがある場合、必ずアウトライン化してご入稿していただく必要があります。

アウトライン化とは

アウトライン化されていないデータと、アウトライン化されたデータは、イラストレーターで選択すると次のように表示されます。

アウトライン化

①のアウトライン化されていないデータは、テキストが編集できる、という利点はありますが、それぞれのパソコン端末にインストールされたフォントに依存して表示されますので、パソコンによってフォントが変わる場合があります。
②のアウトライン化されたデータは、画像としてのデータとなりますので、テキストとして編集はできなくなりますが、どのパソコン端末で表示されても同じフォント(デザイン)で表示されます。
よって、アウトライン化されたデータでご入稿いただければ、印刷で仕上がったもののフォントが、お客様の思っていたフォントと違う、という問題を回避することができます。

アウトラインの方法

①すべてのレイヤーのロックを解除する
フォントを含むレイヤーやオブジェクトがロックされていないか確認し、ロックされている場合は解除します。

②フォントを選択する。
オブジェクトを選択します。複数のテキストデータをまとめてアウトライン化したい場合や、テキストのオブジェクトがうまく選択できないなどの場合は、すべてのデータを選択していただいても結構です。

③アウトラインの実行
オブジェクトが選択されている状態で、『書式』⇒『アウトラインを作成』、または『文字』⇒『アウトラインを作成』を実行すれば、テキストデータがアウトライン化されます。
※イラストレーターバージョンにより多少異なります。

④アウトライン化されていないテキストデータがないか確認
『書式』⇒『フォント検索』または、『文字』⇒『フォント検索』により、アウトライン化されていないフォントデータが検索できます。ひとつも検索されなければ、アウトライン化されていないフォントデータはないことになります。

特定商取引に関する法律に基づく表示

©2011 トートバッグ工房 All Rights Reserved.

トップに戻る