インクジェット印刷(フルカラー)

パソコンで製作したデジタルデータをそのままトートバッグの生地にインクジェット方式にてプリントします。写真やグラデーションなど、色数の多いフルカラーに最適な印刷方法です。

CMYKインクでの印刷と、
CMYK+Whiteインクでの印刷の違い

CMYKインクでの印刷(Whiteインクなし)

白い生地への印刷

インクジェット印刷では白い生地への印刷であれば、CMYKの4色インクでほぼすべての色を表現することができます。ただし、白色に関しては、生地色(白の生地の場合)を利用して表現します。

ナチュラル色など、色が薄い生地への印刷

色の濃さにもよりますが、CMYKの4色インクでほとんどの色を表現できます。ただし、白色は表現できません。また、生地色がインクの発色に影響を与えるため、特に薄い印刷色の場合は本来の色と違って見えたり、色がくすんで見えたりすることがあります。

色が濃い生地への印刷

濃い生地の場合は、CMYKのインクが発色しないため、印刷することができません。

CMYK+Whiteインクでの印刷

印刷で白色を表現したい場合や、白色を下地として印刷した上にCMYKインクで印刷する必要がある場合に利用される印刷方法です。基本的にWhiteインクを使用した場合は、工程が多くなることやWhiteインクの材料費が高いこともあり、非常にコストの高い印刷となりますので、当店では対応をしておりません。

フルカラーインクジェット印刷見本

フルカラーインクジェット印刷見本

画像クリックで印刷部拡大

フルカラーインクジェット印刷見本

画像クリックで印刷部拡大

フルカラーインクジェット印刷見本

画像クリックで印刷部拡大

フルカラーインクジェット印刷見本

画像クリックで印刷部拡大

モノクロインクジェット印刷見本

モノクロインクジェット印刷見本

画像クリックで印刷部拡大

モノクロインクジェット印刷見本

画像クリックで印刷部拡大

モノクロインクジェット印刷見本

画像クリックで印刷部拡大

1色での印刷

インクジェット印刷であれば、印刷色が黒のみの場合でも、グラデーションなど濃淡を表現できます。
また、版が不要なので小ロットの場合はシルクスクリーン印刷より安くなる場合もあります。

対応できるバッグ

コットン生地で、ナチュラルやホワイト色等の生地色が薄い生地

インクジェット印刷の注意点

トップに戻る