熱転写印刷(フルカラー)

特殊なシートにデザインを印刷し、デザインの外側にカッティングプロッターでカットラインを作ります。余分な部分を手作業で排除した後に、熱と圧力で生地に定着させる方法です。

熱転写印刷見本

熱転写印刷見本

画像クリックで印刷部拡大

熱転写印刷見本

画像クリックで印刷部拡大

熱転写印刷見本

画像クリックで印刷部拡大

特性(印刷種類、その工程から生ずる特性)

フルカラー熱転写は、次のような特性があります。

カットラインのタイプ

上記の特性により、熱転写印刷では「カットライン」についてしっかり決める必要があります。
下記に一般的なカットラインのタイプを明記いたしましたので、ご覧ください。

デザイン直抜きタイプ

デザイン直抜きタイプ

デザインのカタチそのままにカットラインを入れ、デザイン以外の部分をすべて取り除いた(カス取り)後、圧着する方法です。
単純なカタチのデザイン以外は対応不可となります。

フチ付きタイプ

フチ付きタイプ

デザインの周りに一定幅のフチを設けてカットラインを入れ、カス取り後に圧着する方法です。
一般的にフチ部分の色は「白」が「生地色に近い色」にします。なお、フチ幅は最低0.5~1.0mm以上必要です。
デザインによってカットラインが単純、または複雑になるかが変わりますが、複雑な場合には対応不可となります。

なめらかフチタイプ

なめらかフチタイプ

フチ抜きタイプで対応できないときに、可能な限りカス取りをして、細い部分やとがった部分をなくすことでカットラインを滑らかに作る方法です。
フチ部分の面積をなるべく小さくすることができますが、不自然なフチが生じることにもなりますので、違和感が残る可能性があります。

単純形タイプ

単純形タイプ

デザイン全体、または分割した上で、「四角」「ひし形」「丸」「楕円」など単純なカタチにカットラインを作る方法です。
フチ部分の面積は大きくなり、貼り付け感も増しますがカットラインの不自然さはあまりありません。

※デザインによってそれぞれのタイプが適用できるか、また適しているかが異なりますので、でき栄えを予測して選択する必要がございます。

対応できるバッグ

コットン、デニム、ポリエステル、不織布、など、様々。

カットライン量産前確認サービス

カットライン量産前確認サービス

カットラインを入れ込んだイメージ画像

1、サービス内容

通常の印刷仕上がりイメージの画像データに、カットラインを入れ込んで、画像データとして提出させていただきます。
そのため、量産品正式ご注文前にカットラインの確認をしていただくことができます。

2、注意事項

カットラインをご確認いただいた上で変更をご希望の場合、対応できる場合とできない場合があります。
対応可能となった場合でも、カットラインによって、「ライン引き」「フィルム準備」など工程の内容でコストが大きく変わってくるため料金アップの可能性もございます。あらかじめご了承ください。

熱転写印刷の注意点

トップに戻る