カート

tel:0778-42-8262

email/info@totebag.jp

受付時間/10:00~18:00(平日)

出荷日目安12/2 15:00現在

既製バッグの場合 ※印刷品は500個、1ヵ所印刷、本日注文校了時

  • 無地品翌営業日
  • シルク印刷(1色)12月9日
  • インクジェット印刷12月14日
  • 熱転写印刷12月14日
  • 特急印刷ASK

※短納期希望の方、お問い合わせください。

日本製セミオーダーバッグの場合

  • 無地品(~10枚)12月7日

その他出荷目安はこちら

かんたんデザイナー
営業日カレンダー
  • 2020年12月

  • 1

  • 2

  • 3

  • 4

  • 5

  • 6

  • 7

  • 8

  • 9

  • 10

  • 11

  • 12

  • 13

  • 14

  • 15

  • 16

  • 17

  • 18

  • 19

  • 20

  • 21

  • 22

  • 23

  • 24

  • 25

  • 26

  • 27

  • 28

  • 29

  • 30

  • 31

  • 2020年1月

  • 1

  • 2

  • 3

  • 4

  • 5

  • 6

  • 7

  • 8

  • 9

  • 10

  • 11

  • 12

  • 13

  • 14

  • 15

  • 16

  • 17

  • 18

  • 19

  • 20

  • 21

  • 22

  • 23

  • 24

  • 25

  • 26

  • 27

  • 28

  • 29

  • 30

  • 31

トートバッグ工房公式YouTube

インスタで新着情報をお届け

twitter

ジュートバッグのジュートとは、どんな素材?繊維の作り方から素材の特徴まで詳しく紹介

2020.3.26

ジュートバッグのジュートとは、どんな素材?繊維の作り方から素材の特徴まで詳しく紹介 ジュートバッグのジュートとは、どんな素材?繊維の作り方から素材の特徴まで詳しく紹介

おしゃれなアイテムとして夏に人気のジュートバッグ。
昨年は、無印良品からも発売され即完売し話題になっていましたよね。

一度は目にして、きっと触ったこともあるジュート製品。
そのジュートとは、どんな素材なのでしょうか。

ここでは、ジュートの栽培方法や繊維の作り方、素材の特徴まで詳しく紹介していきます。

1.ジュートは麻の一種

ジュートとは、皆さんおなじみ麻の種類の一つです。
麻は、植物に含まれている繊維の総称で、20種類ほどあります。
原料となる植物によって、特徴が全く異なります。

例えば、洋服などによく使用されているチクチクしない麻は、亜麻(あま)という植物から作られる繊維でリネンと呼ばれています。

ジュートは麻の一種

ジュートは、黄麻(こうま)という植物から作られる繊維で、原産地により呼び方が異なり、インドではインド麻、バングラディッシュではジュート、中国では黄麻(こうま)と呼ばれています。

2.ジュートの主な産地

ジュートの栽培には、高温多湿の環境で湿潤な土壌が必要です。
また、ジュートの茎を水に浸して発酵させて繊維を採取するため、大量の水も必要になります。

上記の条件から、ジュートは熱帯、亜熱帯地域のインドやバングラデシュで主に生産されています。
かつては日本の九州でも栽培されていたそうです。

3.ジュートの栽培方法と繊維になるまで

ジュートは種をまいてから100日ほどで2~3mの高さまで成長し、花が咲いた後、丸い実がつきます。
2~5月頃までに種をまき、6~9月頃に刈り取りを行うのが一般的です。
刈り取りの時期によって繊維の質が変わり、花が咲き終わり散る時期に刈り取ったものが最も良質なジュートの繊維が採取できると言われています。

ジュートの栽培風景

刈り取ったジュートの茎は、1~2週間ほど水に浸して発酵させ、1本ずつ手で外側の皮を剥がしていきます。
さらに水で洗いながら不純物を取り除き、乾燥させるとジュートという繊維になります。

4.ジュート素材の特徴

ジュートは、通気性に優れていて、水分の吸収、放出が早いため夏場に最適な素材です。また、ジュート繊維のもつ毛羽は保湿性もあるため、夏は涼しく、冬は温かい素材としてラグ(カーペット)にも使用されています。
ジュート繊維は、あまり伸縮しないため寸法の安定性にも優れています。

ジュートは自然素材なので、燃やしても有害物質を発生しませんし、埋めればバクテリアによって分解され、土に還ります。
さらに、ジュートの成長過程で行われる光合成では、他の植物の5~6倍の二酸化炭素を吸収するので、地球温暖化の防止にもつながるそうです。
地球環境に優しいエコな素材ですね。

5.ジュート製品のお手入れ方法

ジュートは、汚れや匂いが付きにくい素材なので、あまり洗う必要はありません。
部分的な汚れなら、乾拭き、または湿った布で優しく叩いて汚れを落とし、日陰干ししてください。

洗濯すると、摩擦によって毛羽だったり、シワができて元に戻らなくなってしまうこともあるのでオススメできません。
どうしても洗いたい場合は、プロにまかせましょう。

6.まとめ

いかがでしょうか。
ジュートについて、このページから少しでも分かっていただけたら嬉しいです。

環境に優しい自然素材として注目されているジュート。
トートバッグ工房でも、ジュート製品を扱っていますのでぜひご覧ください。

ジュートバッグの商品一覧はこちら

この記事をシェアする

この記事を監修してくれた「トートバッグ博士」

山本禎久

山本 禎久(やまもと よしひさ)
株式会社エーリンクサービス 代表取締役

昭和48年生まれ 福井県越前市出身
趣味は山登りとゴルフ、好きなトートバッグのカタチは「船底クラシックトートバッグ」。
スピードと挑戦を求め続け、社内で誰よりもトートバッグに見識がある。

大阪学院大学を卒業後、営業、物流、製造業務など多くの職種に従事。退職後、2009年に販促バッグ等の製造、輸入、販売を手掛ける株式会社エーリンクサービスを設立。『考える価値創造集団』を経営理念に掲げ、従業員一人ひとりが積極的に考え、行動することでトートバッグ専門店としての新サービスを企画・発信し続けている。

関連コラム

印刷・名入れバッグは、販促、ノベルティ、引き出物袋、エコバッグなど幅広くご利用されています。
無地でもご注文可能。オリジナルバッグのことなら、トートバッグ専門店のトートバッグ工房におまかせ!

Copyright © トートバッグ工房 All Rights Reserved.

トップに戻る