カート

tel:0778-42-8262

email/info@totebag.jp

受付時間/10:00~18:00(平日)

出荷日目安10/21 15:00現在

既製バッグの場合 ※印刷品は500個、1ヵ所印刷、本日注文校了時

  • 無地品翌営業日
  • シルク印刷(1色)10月28日
  • インクジェット印刷10月28日
  • 熱転写印刷10月28日
  • 特急印刷ASK

※短納期希望の方、お問い合わせください。

その他出荷目安はこちら

かんたんデザイナー
営業日カレンダー
  • 2020年10月

  • 1

  • 2

  • 3

  • 4

  • 5

  • 6

  • 7

  • 8

  • 9

  • 10

  • 11

  • 12

  • 13

  • 14

  • 15

  • 16

  • 17

  • 18

  • 19

  • 20

  • 21

  • 22

  • 23

  • 24

  • 25

  • 26

  • 27

  • 28

  • 29

  • 30

  • 31

  • 2020年11月

  • 1

  • 2

  • 3

  • 4

  • 5

  • 6

  • 7

  • 8

  • 9

  • 10

  • 11

  • 12

  • 13

  • 14

  • 15

  • 16

  • 17

  • 18

  • 19

  • 20

  • 21

  • 22

  • 23

  • 24

  • 25

  • 26

  • 27

  • 28

  • 29

  • 30

トートバッグ工房公式YouTube

インスタで新着情報をお届け

twitter

CORDURA(コーデュラ)って、どんな生地?特徴やお手入れ方法まで解説

2020.10.20更新

CORDURA(コーデュラ)って、どんな生地?特徴やお手入れ方法まで解説 CORDURA(コーデュラ)って、どんな生地?特徴やお手入れ方法まで解説

最近、バッグなどで多く見られる「CORDURA(コーデュラ)」のタグ。
幅広くいろいろな商品に付いていますよね。

タグは見たことがあるけれど、一体「CORDURA(コーデュラ)」って…?
どんな生地なのか、知らない方も多いのではないでしょうか。

ここでは、「CORDURA(コーデュラ)」の素材の特徴や
バリスティックナイロンとの違いお手入れ方法などについて解説していきます。

1.CORDURA(コーデュラ)ナイロンとは?

「CORDURA(コーデュラ)」は、アメリカのインビスタ社が製造販売している素材です。
正式には「CORDURA® fabric」と表記します。
とても高機能な素材として知られており、
高強度であるというのが一番の特徴です。

コーデュラブランドとして証明される商品には、よく見かけるあの
「CORDURA® fabric」のライセンスタグが付けられています。

2.CORDURA(コーデュラ)の特徴

一般的なナイロンと何が違うのか?
コーデュラの優れた特徴をご紹介していきます。

強度・耐久性

なぜコーデュラには強度があるのか。
それは、強度に優れた糸を使って作られているからなんです。
この強度に優れた糸、というのもインビスタ社のものが使用されています。

なので、摩擦や引き裂き、擦り切れにとても強く
毎日ガシガシ使うバッグなどにもピッタリの生地です。

撥水性

コーデュラの裏面には「PU(ポリウレタン)加工」が施されており、
撥水性にも優れています
なのでアウトドアウェアなどにもよく使われています。

ちなみに生地に光沢があるように見えるのも、
この「PU(ポリウレタン)加工」が施されているからです。

防水加工が施されている商品もありますが、
コーデュラの生地自体は完全防水ではありませんのでご注意を。

軽量性

強度がある素材ならば重いイメージがありますよね。
ですが、コーデュラはナイロンの特徴である軽さも保持しています。

「軽くて丈夫」という使いやすい素材だから、
いろいろな商品でよく目にするのも納得ですね。

3.CORDURA(コーデュラ)の用途

  • アウトドア製品(テント、シュラフ、ポーチなど)
  • 軍事用品
  • ワークウェア
  • アパレル(バッグ、シューズ、アウターなど)

強度が求められるアイテムに使用されることが多いですが、
スタイリッシュな見た目から、デイリーユースで
おしゃれなアイテムにも使用されることも多くなりました。

雨の日に履けるシューズや、毎日使う通勤・通学カバン、
汚れものに強いポーチなど…、
丈夫だからこそ長く愛用できますよ。

4.CORDURA(コーデュラ)の強度を表すD(デニール)

コーデュラには強度がある、と言ってきましたが、
コーデュラの後ろについている数字によって変わります。

トートバッグ工房で取り扱っているコーデュラの種類は

  • コーデュラ30D ナイロン
  • コーデュラ525D バリスティックナイロン
  • コーデュラ1680D バリスティックナイロン

の3種類です。

数字の後ろについているD(デニール)について説明します。

CORDURA(コーデュラ)の種類と強度を表すD(デニール)

この3種類、何が違うのでしょうか?
それは、コーデュラの後ろについている数字によって変わります。

コーデュラの種類を理解するために、
数字の後ろについているD(デニール)について説明します。

「デニール」という言葉を
皆さん一度は聞いたことがあるのではないしょうか。

D(デニール)とは繊維の太さを表す単位のことで、
コーデュラでもこのD(デニール)という単位が使用されています。

9000メートルで1グラムの糸=1デニール(記号:D)
つまり、500デニールなら9000mで500gの重さの糸を、
1000デニールなら9000mで1000gの重さの糸を使っているということです。

難しいと思った方は、これだけ覚えておいてください。

  • 数字が大きければ、重くて厚い
  • 数字が小さければ、軽くて薄い
CORDURA(コーデュラ)の種類と強度を表すD(デニール)

5.バリスティックナイロンとは?CORDURA(コーデュラ)ナイロンとの違い

バリスティックナイロンとは?CORDURA(コーデュラ)ナイロンとの違い

ところで、「バリスティックナイロン」ってご存じでしょうか?
コーデュラと同じく高い強度や耐久性で知られています。

コーデュラの生地が比較的軽く柔らかいのに対して、
バリスティックナイロンは重く硬いのが特徴です。

「バリスティック」という言葉は「弾道」という意味です。
織り方、生地組織の名称の一つで、
コーデュラの糸を使ったバリスティック織り、の素材を指します。

分厚く非常にタフな生地であることから、
なんと防弾チョッキにも使われていたそうです。

コーデュラの種類の中では、一番強度に優れた最強クラスの素材になります。

バリスティックナイロンの製品にだけタグにも
「ballistic」の表記がありますので見分けることができますよ。

ビジネスバッグに使われることが多いんだそうです。

バリスティックナイロンとは?CORDURA(コーデュラ)ナイロンとの違い

6.CORDURA(コーデュラ)のお手入れ方法

日常的な小さな汚れやホコリなどは、
繊維を傷付けないように、軽くブラッシングしましょう。
バッグなどは、中やポケットもホコリが溜まりやすいですよ。

使用すればするほど、徐々に加工は剥がれてくるものですので、
長持ちさせるためにも防水スプレーを吹き付けておくのがおすすめです。

全体的に満遍なく吹き付けてください。
長時間吹き付けすぎたり、一か所に集中してしまったりすると
変色してしまう可能性がありますのでご注意を。

7.CORDURA(コーデュラ)の洗濯方法

コーデュラの洗濯方法ですが、洗濯機は使いません

ブラッシングで落ちない汚れの場合は
タオルなどを水かぬるま湯で軽く濡らし、薄めた中性洗剤を付け、
優しく叩くように拭きます
表面だけでなく裏側からも叩くように拭きましょう。
濡れタオルでしっかりと洗剤を落としたら
風通しのいい場所で陰干ししてください。

上記の方法でも汚れが落ちない場合は
たらいにたくさんの水かぬるま湯を入れ、中性洗剤で優しく押し洗いをします
しっかりとすすいだら、風通しのいい場所で陰干ししてください。

あまり洗濯しすぎると加水分解を起こし
PU(ポリウレタン)加工も剥がれ、撥水性が低下する恐れもあります。

ちなみに、トートバッグ工房で扱っているコーデュラ製品は、
洗濯することができません。
どうしても洗濯したい場合は自己責任でお願いいたします。

8.まとめ

いかがでしたでしょうか。
とてもタフで使いやすい生地ですので、
しっかりお手入れすれば長くお使いいただけますよ。

トートバッグ工房でもコーデュラナイロンを扱っていますのでぜひご覧ください。

トートバッグ工房で扱っているコーデュラバッグ

トートバッグ工房で扱っているコーデュラ生地

※条件絞り込み検索にて「素材:ナイロン(コーデュラ)」を選択してください。

この記事をシェアする

この記事を監修してくれた「トートバッグ博士」

山本禎久

山本 禎久(やまもと よしひさ)
株式会社エーリンクサービス 代表取締役

昭和48年生まれ 福井県越前市出身
趣味は山登りとゴルフ、好きなトートバッグのカタチは「船底クラシックトートバッグ」。
スピードと挑戦を求め続け、社内で誰よりもトートバッグに見識がある。

大阪学院大学を卒業後、営業、物流、製造業務など多くの職種に従事。退職後、2009年に販促バッグ等の製造、輸入、販売を手掛ける株式会社エーリンクサービスを設立。『考える価値創造集団』を経営理念に掲げ、従業員一人ひとりが積極的に考え、行動することでトートバッグ専門店としての新サービスを企画・発信し続けている。

関連コラム

印刷・名入れバッグは、販促、ノベルティ、引き出物袋、エコバッグなど幅広くご利用されています。
無地でもご注文可能。オリジナルバッグのことなら、トートバッグ専門店のトートバッグ工房におまかせ!

Copyright © トートバッグ工房 All Rights Reserved.

トップに戻る