tel:0778-42-8262

email/info@totebag.jp

受付時間/10:00~18:00(平日)

出荷日目安
2月3日 18:00現在
詳細はこちら
既製バッグ
※印刷品は500個、1ヵ所印刷、
本日注文校了時

無地品

翌営業日

シルク印刷(1色)

2月13日

インクジェット印刷

2月10日

熱転写印刷

2月10日

特急印刷(ダイナマイト便)の出荷日目安についてはお問い合わせください。
ダイナマイト便の詳細はこちら

日本製セミオーダーバッグ

無地品(~10枚)

2月9日

出荷日目安はこちら

かんたんデザイナー
営業日カレンダー
  • 2023年2月

  • 1

  • 2

  • 3

  • 4

  • 5

  • 6

  • 7

  • 8

  • 9

  • 10

  • 11

  • 12

  • 13

  • 14

  • 15

  • 16

  • 17

  • 18

  • 19

  • 20

  • 21

  • 22

  • 23

  • 24

  • 25

  • 26

  • 27

  • 28

  • 2023年3月

  • 1

  • 2

  • 3

  • 4

  • 5

  • 6

  • 7

  • 8

  • 9

  • 10

  • 11

  • 12

  • 13

  • 14

  • 15

  • 16

  • 17

  • 18

  • 19

  • 20

  • 21

  • 22

  • 23

  • 24

  • 25

  • 26

  • 27

  • 28

  • 29

  • 30

  • 31

ノベルティとは?配布する目的やグッズ制作のポイント、選び方

ノベルティとは?配布する目的やグッズ制作のポイント、選び方

こんにちは!トートバッグ工房です。

当店では、展示会での資料配布のため、
企業名を印刷した不織布バッグや、周年記念イベントやキャンペーンで
配られる記念品アイテムなど、
さまざまな用途でご注文いただいております。

その中でも多い用途が「ノベルティ」なのですが、
似たような状況で使用される「販促品」と何が違うかご存知でしょうか?

販促効果を期待して取り入れるには、
まずは違いから知っておくことが重要です!

そこで今回は、ノベルティと販促品の違いや、
オリジナルノベルティグッズを制作する際のポイント・コツをご紹介します。
正しく理解して、より効果的にノベルティを活用したい方は、
ぜひ最後までご覧ください!

1.ノベルティとは

ノベルティとは

ノベルティとは何か

ノベルティとは、
企業が無料で配布するグッズのことです。
グッズに企業名やロゴが入っているものが一般的で、
商品やサービスの宣伝効果が期待できます。
ちなみに、英語でNoveltyとは「新しくて珍しいもの」という意味があり、
日本語のノベルティとは少し意味が異なる模様。
江戸時代に「引き札」と呼ばれ配布されていたチラシのようなものが、
日本におけるノベルティの由来とされています。

ノベルティと販促品、プレミアムの違い

ノベルティ

ノベルティは、
必ずしも販売したい商品であったり、
サービスと配布物が関連するものとは限りません

例えば、自動車メーカーがトートバッグを制作するケースも見かけますが、
直接的に車の販売との関連性がないことがわかります。

販促品

販促品の配布は、
特定の商品やサービスの販売につなげるために行う施策です。
そのため、自社がアピールしたい製品との関連性が深いものがほとんど。
例えば、シャンプー購入者にリンスの試供品を配布する場面は、
よく見かける光景ですよね。

プレミアム

商品の購入者やサービスの利用者に渡す品のことをプレミアムといいます。
プレミアムには“高級な”という意味があり、
お金を出してくれた人に対して追加でプレゼントし、
満足度を高めることを目的としています。

2.企業がノベルティを配布する目的

ノベルティの一番の目的は、
企業やサービスの宣伝効果を高めるためですが、
適当にグッズをつくって配っても効果を得られない場合も。
そもそも企業がノベルティを配る目的やメリットはどんなものがあるのでしょうか?

企業認知の向上

ノベルティを配布することで、
多くの人に企業名やブランド名、商品の魅力などをアピールすることができます。
ターゲットの使用頻度が高いグッズであるほど、
多く使われる傾向があります。
また、ノベルティを使うたびに企業名やブランド名を目にする回数が増えれば、
それだけターゲットから身近に感じてもらうこともできますし、
親近感を抱いてくれる確率もアップするはず。

企業のブランディング

質が良くて役に立つようなノベルティを配布することで、
企業のイメージアップを図れることもポイント
便利なものを無料でもらえれば、
誰だってうれしいものです。
ノベルティへの印象が、
配布元の企業やブランドの好感度にもつながります。

集客効果の拡大

会社説明会や店舗でのノベルティ配布もよく見かけますよね。
目に留まりやすいノベルティであれば、
立ち止まって手に取ってくれるといった集客効果も期待できます。
また、集客効果を狙って、
チラシやパンフレットと一緒にノベルティを
配るケースも多く見られます。

3.オリジナルノベルティグッズの制作のポイント

オリジナルノベルティグッズの制作のポイント

ノベルティの理解が深まったところで、
早速グッズ制作に取り掛かろうとしている方はちょっと待ってください!
ここからは、グッズ制作で注意しておきたいポイントについてご説明していきます。

マーケティング視点で計画を立てる

ノベルティを制作する際には、マーケティング視点で
「目的」、「ターゲット」、「配布場所」を定めましょう。
3つのポイントに適した、
実用性とデザイン性を両立したグッズ選びが大切です。

目的

認知度アップ、売上向上、イメージアップなど…
目的によってアピールポイントも変わってきますよね。
最近はエコ意識が高まり、環境に優しいグッズが
SDGs貢献や企業のイメージアップのためよく選ばれています

ターゲット

すでに何度か利用のある顧客がターゲットの場合と、
認知の浅い潜在顧客がターゲットの場合ではグッズ選びも変わってきます
後者の場合、誰でも気兼ねなく使用できるポピュラーなものが効果的です。

配布場所

展示会だったら、資料が入るA4サイズの不織布バッグ、
夏の暑い屋外イベントだったら、うちわやドリンクホルダーなど…
場所によって最適なグッズ選びをしましょう。

実用性

せっかく配ったのに、使用されないことには悲しいですよね。
いくつあっても困らない日用品や、季節商品、
需要の高いエコバッグなど、実用的で便利なものだと
販促効果も一層期待できます

デザイン性

配布後に使用してもらえるかという点では、
デザイン性も重要ポイントです。
男性向けならシンプルで色数を少なく
女性向けなら淡い色でおしゃれなものなど…
また、年代によっても好まれるものは変わってきます。

各種法令に反しないよう注意する

景品表示法知的財産権に注意して発注することも忘れてはいけません。
ノベルティは「景品類」に該当し、
知的財産権を侵害するデザインは懲罰の対象になります。
懲役や罰金刑が課される恐れがあるので、
くれぐれも違反することのないよう十分に注意しましょう。

景品表示法とは?

正式には、「不当景品類及び不当表示防止法(昭和37年法律第134号)」と言います。商品やサービスの品質、内容、価格等を実際より良く見せようと偽った表示が行われたり、過大な景品類の提供が行われた際に、厳しく規制・制限することにより、消費者がより良い商品やサービスを自主的・合理的に選べる環境を守るための法律

知的財産権とは?

知的創造活動によって生み出されたものは、創作した人の財産として付与され、それを他人に無断で使用されないよう保護するための法律です。

外注業者を選定し予算・数量・納期をすり合わせる

配布するグッズの制作業者を複数選定し、
具体的な内容を詰めるのがセオリー
です。
事前に目標の配布数、販売数から予算を逆算し、
外注業者に見積りや納期を確認しましょう。

発注量が多いとボリュームディスカウント(大量購入を理由とした値引き)も
交渉しやすいので、配布時期にあわせて調整していきましょう。
また、発注量が少ない場合には、
小ロット注文が可能かも事前にチェックしておくと安心です。

ちなみにトートバッグ工房では、
数量が多ければ多いほど単価が安くなる仕組みなので大ロットだとお得に!
全商品が最低ロット10個~ご注文可能ですので、小ロットでもご安心ください。
(一部商品は、1個からのご注文も可能です。)

また、お急ぎの方のための
印刷品バッグの短納期お届けサービス「ダイナマイト便」もご用意しております。

4.ノベルティにおすすめのグッズ8選

ノベルティにおすすめのグッズ8選

実際にどんなグッズがノベルティとして選ばれているのか、
気になっている人も多いはず。
人気の高い名入れグッズを理由と一緒にご紹介していきますので、
今後のノベルティ制作の参考にしてみてくださいね。

オリジナルのトートバッグやエコバッグ

買い物など日常生活で気軽に使えるトートバッグやエコバッグは、
ノベルティとして最適なグッズの一つ!
基本的に外で利用されるので、高い宣伝効果も期待できます

環境に優しいオーガニックコットンや
リサイクルコットンの素材を選ぶようにすれば、
近年企業に求められるSDGsの取り組みをアピールすることもできます。

トートバッグやエコバックはオリジナル性が重要なため、
信頼と実績が豊富なメーカーに発注するのがベスト。
トートバッグ工房は年間500万個の製作実績があり、
多くの法人様、個人様から支持をいただいております!

ボールペンや朱肉、クリアファイルなどの事務用品

実用性が高い事務用品はBtoBのノベルティの定番品!
社名やブランド名、商品名入りのカレンダーやボールペンなどは、
1人が利用すれば複数人の目に留まりやすいのがメリットです。

ただ、定番品ゆえに他社と被る可能性があり、
効果を出すためには配布時期やデザインなどで
差別化が必要になってくるでしょう。

タオルやティッシュなどの日用品

取引先の担当者個人や消費者向けにも、
日用品はおすすめできるグッズです。
タオルやティッシュは誰もが使用するので配布しやすく、
特に喜ばれやすいでしょう。
1人が利用すれば複数人の目に留まりやすいのもメリットです。

しかし、使い捨ては宣伝効果が短期化するので、
長く使いやすいグッズの選定がポイントとなってきます。

マグカップやタンブラー

自宅や職場、アウトドアなどさまざまなシーンで活用できて、
実用性の高いマグカップやタンブラー。
季節を問わずに使えるので、
長期的に使ってもらえる可能性が高いでしょう。
最近では、おしゃれなノベルティの1つとして人気を集めています。

卓上カレンダー

スマホでスケジュール管理をしている人も多いですが、
身の回りに置いておくだけで日程を確認できる便利さから、
幅広い年代の人に喜ばれるグッズです。
デスク上に置かれることも多いので、
ビジネスパーソン向けのノベルティとしてもおすすめ。

年末(12月)や年度末(3月)に配布するとより効果的!
1度使用されれば、1年間使ってもらえる可能性が高いため、
その後の販促効果も期待できるでしょう。

マスク

新型コロナウイルス感染症の拡大防止から
外出時の必需品となったマスクは、
今需要が高まっているノベルティです。
顔の目立つところに着用するので、
ターゲットはもちろん第三者への宣伝効果も期待
できます。

マスクに大きすぎる企業名やロゴが付いていると使われにくくなるので、
多くの人に使いたいと思ってもらえるデザインにすることが重要です。

うちわ

屋外・屋内問わず、夏のイベント配布におすすめのグッズ!
うちわ1本あたりの制作費が安く
広く配布するにあたってコストパフォーマンスに優れています
両面にフルカラーで印刷ができますし、
他のノベルティに比べて宣伝に使える範囲が広いこともメリットでしょう。

モバイルバッテリー

出先でスマートフォンなどを充電するときに使うモバイルバッテリーは、
実用的で誰もがもらってうれしいグッズ
コンパクトで携帯しやすく、
いざという時は防災グッズとしても重宝します。
ただし、制作費が高くなりがちなのでくれぐれも注意しましょう。

5.まとめ

今回の記事では「ノベルティ」と「販促品」の違いから、
制作する際のポイント、
販促効果が高い人気のグッズなどをご紹介しました。

ノベルティは企業の名前や商品を覚えてもらって、
身近に感じてもらうために配布するもの。
宣伝効果を最大限に発揮するためにも、
配布する目的やターゲット、
予算などしっかり吟味しながら制作することが大切です。

また、トートバッグ工房では、
素材、カタチ、サイズ、予算に合わせてオリジナル性の高いノベルティが作れます
メーカーだからできる安心のサービスももちろん充実

セミオーダー、フルオーダーの注文も可能ですので、
ノベルティでお悩みの方はぜひ一度ご相談ください。

商品やご注文に関してご不明点などございましたら
お気軽にお問い合わせください。

メールにて

アドレス:info@totebag.jp

受付時間:24時間

※土・日・祝日にいただきましたお問い合わせは、翌営業日以降に順次ご回答となります。

お電話にて

電話番号:0778-42-8262

受付時間:10:00~18:00(土日祝除く)

お問い合わせフォームにて

ご不明点をフォーム内「お問い合わせ内容」欄にご記入ください。

この記事をシェアする

この記事を監修してくれた「トートバッグ博士」

山本禎久

山本 禎久(やまもと よしひさ)
株式会社エーリンクサービス 代表取締役

昭和48年生まれ 福井県越前市出身
趣味は山登りとゴルフ、好きなトートバッグのカタチは「船底クラシックトートバッグ」。
スピードと挑戦を求め続け、社内で誰よりもトートバッグに見識がある。

大阪学院大学を卒業後、営業、物流、製造業務など多くの職種に従事。退職後、2009年に販促バッグ等の製造、輸入、販売を手掛ける株式会社エーリンクサービスを設立。『考える価値創造集団』を経営理念に掲げ、従業員一人ひとりが積極的に考え、行動することでトートバッグ専門店としての新サービスを企画・発信し続けている。

関連コラム

  • ノベルティグッズとして、人気のエコバッグを製作しよう!

    ノベルティグッズとして、人気のエコバッグを製作しよう!

    イベントや展示会のノベルティグッズや、プレゼントとしてエコバッグを製作したいと考えている方必見!素材やカタチ、機能を含め、ノベルティにふさわしい、人気のエコバッグを詳しくご紹介します。エコバッグの素材別お手入れ方法も掲載しているのでぜひ参考にしてみては?

    続きを読む

  • 見て納得、折りたたみエコバッグがオリジナルノベルティでおすすめの理由

    見て納得、折りたたみエコバッグがオリジナルノベルティでおすすめの理由

    2020年7月、ついにレジ袋が有料化されましたね。皆さんもエコバッグを持ち歩くのに慣れてきたのではないでしょうか?ノベルティとしてエコバッグを選ばれるお客様もレジ袋有料化以降とても多い印象です。そこで、今回はエコバッグのノベルティを製作をしようとした際に、知っておいていただきたいポイントをご紹介いたします!

    続きを読む

  • 企業がノベルティを配布して得られる効果とおすすめグッズ8選

    企業がノベルティを配布して得られる効果とおすすめグッズ8選

    ボールペンやタオル、ボトルやタンブラーなど…皆さんも一度は展示会やイベント、記念品などでノベルティをもらったことがあるのではないでしょうか?商品やサービスの“おまけ”的なイメージを持たれる方もいると思いますが、しっかりとマーケティング視点で考え制作することで、販促効果も期待できますよ!多くの企業様にご注文いただいている当店が、ノベルティ配布による効果やおすすめグッズをご紹介いたします!

    続きを読む

印刷・名入れバッグは、販促、ノベルティ、引き出物袋、エコバッグなど幅広くご利用されています。
無地でもご注文可能。オリジナルバッグのことなら、トートバッグ専門店のトートバッグ工房におまかせ!

Copyright © トートバッグ工房 All Rights Reserved.

トップに戻る