インフォメーション
カート

tel:0778-42-8262

email/info@totebag.jp

受付時間/10:00~18:00(平日)

出荷日目安5/24 15:00現在

既製バッグの場合 ※印刷品は500個、1ヵ所印刷、本日注文校了時

  • 無地品翌営業日
  • シルク印刷(1色)5月31日
  • インクジェット印刷5月30日
  • 熱転写印刷5月30日
  • 特急印刷ASK

※短納期希望の方、お問い合わせください。

日本製セミオーダーバッグの場合

  • 無地品(~10枚)5月27日

その他出荷目安はこちら

かんたんデザイナー
営業日カレンダー
  • 2022年5月

  • 1

  • 2

  • 3

  • 4

  • 5

  • 6

  • 7

  • 8

  • 9

  • 10

  • 11

  • 12

  • 13

  • 14

  • 15

  • 16

  • 17

  • 18

  • 19

  • 20

  • 21

  • 22

  • 23

  • 24

  • 25

  • 26

  • 27

  • 28

  • 29

  • 30

  • 31

  • 2022年6月

  • 1

  • 2

  • 3

  • 4

  • 5

  • 6

  • 7

  • 8

  • 9

  • 10

  • 11

  • 12

  • 13

  • 14

  • 15

  • 16

  • 17

  • 18

  • 19

  • 20

  • 21

  • 22

  • 23

  • 24

  • 25

  • 26

  • 27

  • 28

  • 29

  • 30

トートバッグの主な種類|素材別の特徴と選ぶ際のポイント

トートバッグの主な種類|素材別の特徴と選ぶ際のポイント トートバッグの主な種類|素材別の特徴と選ぶ際のポイント

こんにちは!トートバッグ工房です。

マチが広くて丈夫なトートバッグは、
幅広い用途で使える定番人気のアイテムですよね。
普段何気なく使っている人も多いと思いますが、
ほかのバッグとどのような違いがあるかご存じですか?

コットンやデニム、不織布、リネン、キャンバスなど、
生地だけでもトートバッグの種類は実にさまざま。

今回は、そんなトートバッグの種類や特徴、
選び方のポイントなどご紹介したいと思います。

1.トートバッグの基礎知識

トートバックは、身近なアイテムとして広く親しまれていますが、
具体的に「どんなバッグなの?」と聞かれると説明に困ってしまうもの。
そんな方のために、まずはトートバッグの起源や歴史について解説して
いきましょう。

トートバッグとは

カジュアルからビジネスまで使い勝手の良さが魅力のトートバッグ。
でも、形やサイズ、デザインにおいて、
トートバッグに明確な定義はないと言われています。

一般的には持ち手が2つで間口部分が上部にある形状のものや、
袋状で内部に仕切りがない構造をしているものなどが、
トートバッグとして認識されているようです。

ちなみに、トートバッグの「Tote(トート)」とは
アメリカ英語で「運ぶ」
という意味。
約60年以上前、アメリカのアウトドアメーカーが、
氷を運ぶための丈夫なバッグとして開発・販売されたのが始まりだそう。

トートバッグの主な用途

1990年代にエコバッグが浸透 1990年代にエコバッグが浸透

買い物バッグやエコバッグ

トートバッグの最もカジュアルな用途の一つとして、
買い物バッグやエコバッグを挙げる方も多いはず。

環境意識の高まりやレジ袋の有料化によって、
エコバッグの注目度は高まりを見せています。

間口が広く、薄手なのに丈夫なつくりなので、
購入した食材や商品など詰めやすいのもうれしいポイント。
また、使わない時は薄く折りたためるタイプがおすすめです。
他の鞄に収納して携帯しやすく、かさばらない点も魅力です。

ビジネスバッグ

カジュアルな用途が主流と思われがちなトートバッグですが、
男女や年齢を問わずビジネスシーンでも活用されています。

ビジネスとして使うのなら、 頑丈で高級感のある
レザーのトートバッグ
がおすすめ。
自立できるので客先などで床にも置きやすいだけでなく、
間口が広いので必要な資料などを探す際に取り出しやすいといった
実用性も兼ね備えています。

企業におすすめのノベルティグッズ5選 企業におすすめのノベルティグッズ5選

ノベルティグッズや販促品

トートバッグやカジュアルで使えるエコバッグは、
ノベルティとしても用いられます。

布やナイロン製のトートバッグであれば、
企業のロゴなどデザインのプリントもしやすく、
トートバッグを使用してもらうことで
認知度の向上にもつながります。
また、比較的安価で作成できるほか、
小ロットの発注もしやすいというメリットも。

企業はもちろん、個人制作の同人グッズとしても
人気が高いアイテムと言えるでしょう。

2.トートバッグの生地の主な種類

トートバッグに使用される素材は、コットンやデニム、リネン、
キャンバスなど種類もさまざま。
ここからは、トートバッグに合う生地の種類と特徴にてご紹介します。

キャンバス(帆布)

コロリドキャンバストート(M)

キャンバス生地は、平織で作られた厚手の布を使用したもので、
麻や綿などの素材を縦と横に編み込まれています。
織り方が簡単で丈夫なため、
トートバッグの生地として よく用いられる布製品の一つです。

ナチュラルなイメージでカジュアルなシーンで利用されることが多いです。
長く愛用できるのも嬉しいポイント。

コットン

コロリドコットンバッグ(M)

キャンバスよりも薄手の平織の生地で、素材に綿を用いています。
コットン生地は、軽くて比較的安価に作ることが可能です。

綿の種類によって特徴が異なるため、仕上がりや用途によって 
生地選びするようにしましょう。
シーチング生地 は薄くて軽量ですが耐久性は低めなので、
どちらかというと サブバッグやエコバック向き
独特の光沢を持つツイル生地は、滑らかな肌ざわりで丈夫な生地のため、 子ども用のレッスンバッグなどによく使われています。

ポリエステル

ポリエステルポーチ付きバッグ(S) ネイビー

コンパクトに折りたためるポリエステル生地は、
シワになりにくいため携帯するのにぴったり。
サブバッグ、エコバッグとしても使いやすい素材です。
薄手のものから高級感のあるものまで、
バリエーションの豊富さも魅力です。

ナイロン

ナイロンレジャートート

石油由来の合成繊維を素材に用いていることから、
摩擦に強く耐久性があり、 軽いので実用性も高め。
弾力性も高く引っ張っても破れにくい上に、水や油にも強いので、
普段使いはもちろん旅行バッグ、アウトドア、
野外活動用のトートバッグに最適
です。

不織布

 A4サイズ不織布バッグ

不織布は繊維を織らずに絡み合わせたシート状の素材です。
非常に軽く強度があり価格も安いのが特徴です。
焼却してもダイオキシンなどの有害物質を排出しません。
展示会での資料配布用や販促品としてよく使用されています。

デニム

 A4サイズ不織布バッグ

インディゴによって染色したタテ糸と染色をしていないヨコ糸で
綾織りにした生地でファッションアイテムとして人気素材です。
とても丈夫で、使い込めば インディゴ特有の色落ちなども楽しめます。
子どものおむつやおもちゃなどを収納できる、
育児中のマザーズバッグにも使用されています。

ポリキャンバス

ポリキャンバスは、ポリエステル糸で織ったキャンバス生地。
コットンバッグのようなマットな質感とポリエステルの特徴を
あわせ持っています。
色落ちにも強く丈夫で軽いため、理想的な素材ではありますが、
値段は比較的高め

レザー

動物の革(本革)や合成皮革を素材にしたレザー生地は、
見た目のとおり高級感があり、上品で落ち着いた雰囲気
を演出しやすいでしょう。
丈夫で頑丈なつくりなので、 ビジネスシーンにもおすすめ。
特に中高年層やメンズから人気があります。

3.ノベルティ制作時のトートバッグを選ぶポイント

ターゲット層を絞ってトートバッグを作ったとしても、
日常的に使ってもらえなければノベルティとして成功とは言えません。
ここからは実用的なノベルティとして喜ばれる、
トートバッグのポイント3つを見ていきましょう。

形状

トートバッグは持ち手(ハンドル)の長さや
容量の大きさなどで使用感が異なります。
ハンドルは肩掛けができる程度の長さのものを選ぶと、
持ち運びしやすくて便利です。
逆に、ハンドルが短すぎると手持ちしかできないため、
使う用途が限られてしまう場合も。

また、必要以上に大きい容量のバッグは持ち運びしにくく、
バッグそのものも大きくなるため、日常生活には不向き。
ノベルティを制作する際は、なるべく複数のシーンで対応できる
サイズのものを選ぶ
ことが大切です。

用途

トートバッグを使用するシーンによってふさわしいタイプが異なります。

例えば、ビジネスシーンで使う場合は、レザーや2way、
A4サイズ以上のものが良いと言われています。
オールレザーであればカジュアルな印象を与えにくいため、
ビジネストートとして活用できます。
持ち運びしやすい2wayタイプは、ショルダーバッグとして使えて便利。
ビジネスでは書類のやり取りも多いことから、A4よりも大きいサイズ
ノベルティが好まれます。

また、カジュアルに楽しむのであればキャンバスやコットン素材の
トートバッグがおすすめです。
表面の印刷などデザインの自由度が高いので、
ターゲットに合わせたデザインにすれば、 受け取った側も
自然な形で日々の生活に取り入れてくれる
はず。

買い物やエコバッグであれば、
軽くて丈夫なナイロンは手入れもしやすくて◎。

重い商品を入れやすく、多少雑に扱っても問題なし!
折りたたみができるタイプにすれば、
幅広いシーンで使ってもらえるでしょう。

価格やブランド

トートバッグは各メーカーから幅広い価格帯で販売されています。

エルメスやルイ・ヴィトン、ラルフ ローレン、シャネル、コーチなど、
あらゆるハイブランドから販売されていることから、
人気の高さもうかがえます。

需要が高いため、レディース、メンズともにラインナップも充実。
ノベルティや販促品として無料で配布されるケースも少なくありません。

4.まとめ

今回はトートバッグの基礎知識や生地の種類、ノベルティで選ぶ際の
ポイントについてご紹介しましたが、いかがでしたか?

トートバッグは強度が高く、使い勝手が良いので、
世代やシーンを問わず大活躍するアイテム。

ノベルティでトートバッグを検討されている方は、
ぜひ参考にしてみてくださいね。

ノベルティバッグを作成したい、という場合は
ぜひトートバッグ工房におまかせください!

商品やご注文に関してご不明点などございましたら
お気軽にお問い合わせください。

メールにて

アドレス:info@totebag.jp

受付時間:24時間

※土・日・祝日にいただきましたお問い合わせは、翌営業日以降に順次ご回答となります。

お電話にて

電話番号:0778-42-8262

受付時間:10:00~18:00(土日祝除く)

お問い合わせフォームにて

ご不明点をフォーム内「お問い合わせ内容」欄にご記入ください。

この記事をシェアする

この記事を監修してくれた「トートバッグ博士」

山本禎久

山本 禎久(やまもと よしひさ)
株式会社エーリンクサービス 代表取締役

昭和48年生まれ 福井県越前市出身
趣味は山登りとゴルフ、好きなトートバッグのカタチは「船底クラシックトートバッグ」。
スピードと挑戦を求め続け、社内で誰よりもトートバッグに見識がある。

大阪学院大学を卒業後、営業、物流、製造業務など多くの職種に従事。退職後、2009年に販促バッグ等の製造、輸入、販売を手掛ける株式会社エーリンクサービスを設立。『考える価値創造集団』を経営理念に掲げ、従業員一人ひとりが積極的に考え、行動することでトートバッグ専門店としての新サービスを企画・発信し続けている。

関連コラム

  • ノベルティグッズとして、人気のエコバッグを製作しよう!

    ノベルティグッズとして、人気のエコバッグを製作しよう!

    イベントや展示会のノベルティグッズや、プレゼントとしてエコバッグを製作したいと考えている方必見!素材やカタチ、機能を含め、ノベルティにふさわしい、人気のエコバッグを詳しくご紹介します。エコバッグの素材別お手入れ方法も掲載しているのでぜひ参考にしてみては?

    続きを読む

  • 見て納得、折りたたみエコバッグがオリジナルノベルティでおすすめの理由

    見て納得、折りたたみエコバッグがオリジナルノベルティでおすすめの理由

    2020年7月、ついにレジ袋が有料化されましたね。皆さんもエコバッグを持ち歩くのに慣れてきたのではないでしょうか?ノベルティとしてエコバッグを選ばれるお客様もレジ袋有料化以降とても多い印象です。そこで、今回はエコバッグのノベルティを製作をしようとした際に、知っておいていただきたいポイントをご紹介いたします!

    続きを読む

  • ノベルティとは何のこと?制作時のポイントとグッズの選び方

    ノベルティとは何のこと?制作時のポイントとグッズの選び方

    当店では、展示会での資料配布のため、企業名を印刷した不織布バッグや、○周年で実施するキャンペーン・イベントの記念品アイテムなど…様々な用途でご注文をいただいております。その中でも多い用途は「ノベルティ」なのですが…よく似た状況で使用される「販促品」と何が違うかご存知でしょうか?

    続きを読む

  • 企業がノベルティを配布して得られる効果とおすすめグッズ5選

    企業がノベルティを配布して得られる効果とおすすめグッズ5選

    展示会やイベント、記念品としてなど、企業にとっては何かと制作する機会のあるノベルティ。ポイントを意識することで販促効果が一層期待できます。本記事では、企業がノベルティを制作する際のポイントや目的、おすすめグッズをご紹介いたします。

    続きを読む

印刷・名入れバッグは、販促、ノベルティ、引き出物袋、エコバッグなど幅広くご利用されています。
無地でもご注文可能。オリジナルバッグのことなら、トートバッグ専門店のトートバッグ工房におまかせ!

Copyright © トートバッグ工房 All Rights Reserved.

トップに戻る