カート

tel:0778-42-8262

email/info@totebag.jp

受付時間/10:00~18:00(平日)

出荷日目安8/7 15:00現在

  • 無地品翌営業日
  • シルク印刷(1色)8月18日
  • インクジェット印刷8月25日
  • 熱転写印刷8月25日

    ※印刷品:既製バッグ500個、1ヵ所印刷、本日注文校了の場合

  • 特急印刷ASK

※短納期希望の方、お問い合わせください。

その他出荷目安はこちら

かんたんデザイナー

情報を探す

商品を探す

営業日カレンダー
  • 2020年8月

  • 1

  • 2

  • 3

  • 4

  • 5

  • 6

  • 7

  • 8

  • 9

  • 10

  • 11

  • 12

  • 13

  • 14

  • 15

  • 16

  • 17

  • 18

  • 19

  • 20

  • 21

  • 22

  • 23

  • 24

  • 25

  • 26

  • 27

  • 28

  • 29

  • 30

  • 31

  • 2020年9月

  • 1

  • 2

  • 3

  • 4

  • 5

  • 6

  • 7

  • 8

  • 9

  • 10

  • 11

  • 12

  • 13

  • 14

  • 15

  • 16

  • 17

  • 18

  • 19

  • 20

  • 21

  • 22

  • 23

  • 24

  • 25

  • 26

  • 27

  • 28

  • 29

  • 30

トートバッグ工房公式YouTube

インスタで新着情報をお届け

twitter

インクジェット印刷(フルカラー)

パソコンで製作したデジタルデータをそのままトートバッグの生地にインクジェット方式にてプリントします。写真やグラデーションなど、色数の多いフルカラーに最適な印刷方法です。

CMYKインクでの印刷と、
CMYK+Whiteインクでの印刷の違い

CMYKインクでの印刷(Whiteインクなし)

白い生地への印刷

インクジェット印刷では白い生地への印刷であれば、CMYKの4色インクでほぼすべての色を表現することができます。ただし、白色に関しては、生地色(白の生地の場合)を利用して表現します。

ナチュラル色など、色が薄い生地への印刷

色の濃さにもよりますが、CMYKの4色インクでほとんどの色を表現できます。ただし、白色は表現できません。また、生地色がインクの発色に影響を与えるため、特に薄い印刷色の場合は本来の色と違って見えたり、色がくすんで見えたりすることがあります。

色が濃い生地への印刷

濃い生地の場合は、CMYKのインクが発色しないため、印刷することができません。

CMYK+Whiteインクでの印刷

印刷で白色を表現したい場合や、白色を下地として印刷した上にCMYKインクで印刷する必要がある場合に利用される印刷方法です。基本的にWhiteインクを使用した場合は、工程が多くなることやWhiteインクの材料費が高いこともあり、非常にコストの高い印刷となりますので、当店では対応をしておりません。

フルカラーインクジェット印刷見本

フルカラーインクジェット印刷見本

画像クリックで印刷部拡大

フルカラーインクジェット印刷見本

画像クリックで印刷部拡大

フルカラーインクジェット印刷見本

画像クリックで印刷部拡大

フルカラーインクジェット印刷見本

画像クリックで印刷部拡大

モノクロインクジェット印刷見本

モノクロインクジェット印刷見本

画像クリックで印刷部拡大

モノクロインクジェット印刷見本

画像クリックで印刷部拡大

モノクロインクジェット印刷見本

画像クリックで印刷部拡大

1色での印刷

インクジェット印刷であれば、印刷色が黒のみの場合でも、グラデーションなど濃淡を表現できます。
また、版が不要なので小ロットの場合はシルクスクリーン印刷より安くなる場合もあります。

対応できるバッグ

コットン生地で、ナチュラルやホワイト色等の生地色が薄い生地

インクジェット印刷の注意点

印刷・名入れバッグは、販促、ノベルティ、引き出物袋、エコバッグなど幅広くご利用されています。
無地でもご注文可能。オリジナルバッグのことなら、トートバッグ専門店のトートバッグ工房におまかせ!

Copyright © トートバッグ工房 All Rights Reserved.

トップに戻る